レゴ&バイオニクルのオリジナルストーリーを書いていきます。


by butanosyashinnx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第7話 脱出

お久しぶりです。更新サボってました^^;
皆さん、そろそろソフトクリームのスキンにも慣れてきたでしょうか?(笑
そんじゃ、第7話更新するね。


「スマンな、ちょっと片付けておかなければならない仕事があって、遅れてしまった」

男が消えた直後、背後から声がした。
振り返ると、いつもの様にやさしい笑みをうかべたバグラーが立っていた。

しかし、オレはさっきの男の事が妙に引っかかっていたため、返事を返さずにバグラーをじっと見つめた。

「どうした、様子が変だぞ?」

オレの様子に気づいたバグラーが、さっきまで男が座っていた席に座りながら聞いた。

「もう、その手は通じないぞ。バグラー。オレはお前の考えてる事を知っているんだ。お前がオレから金を巻き上げようとしてることを。」

意を決したオレはバグラーに向かって冷たく言い放った。
すると、バグラーは少し動揺した様子で、苦笑いをしながらこう言った。

「おぃおぃ、どういうことなんだヴォクシム君。私には何のことかさっぱり・・・」

「とぼけるな!オレは全部聞いたんだぞ!」

オレはバグラーの言葉を遮り、強い口調で言った。

「なるほど・・・。”聞いた”と言うことは誰か君にそんなデマを吹き込んだ奴がいるのか。では、それが誰なのか教えてくれないかね、ヴォクシム君」

バグラーは相変わらず微笑んでいたが、目だけは鋭くオレを見透かしていた。
オレは返答に困ったが、さっきの出来事を慎重に話した。

「それは・・・お前が来る直前までそこの席に座っていた、旅人風の男だ」

バグラーの笑みが何かを勝ち得たような、満足げな笑みに変わった。

「なるほどねぇ。つまり、その男は君がすでに酒を飲み交わせるほどの仲になった私を疑えるほど、信頼している男と言うわけだね。私は君のまわりに、そんな男がいるのを見たことが無いがその男はどんな男なんだ?」是非とも話をしてみたいねぇ。

オレには返せる言葉が無かった。

確かに見ず知らずの男の言うことを信用するのはバグラーの言うとおり、おかしいかもしれないが、あの男とはだいぶ前に会ったことのある気がするのだ。

「実はオレはその男の事については何も知らない。でも昔、あった気がする」

バグラーは今や声を出して笑っていた。

「はっはっは・・・そうか、おかしな話じゃないか。前に会った気がするだけで信じてしまうとはな」

するとバグラーは少し真面目な顔になって、優しくオレに言った。

「多分それは私の商売敵(しょうばいがたき)だろう。きっと君を私の関係をぶち壊そうと、言葉巧みに君に近寄ってきたんだ。君は若いとは言えども、他の若者とは違う突飛な人生を歩んできた。その中で出会ってきた沢山の人の中で、その男に似た奴が一人か二人いたところで何だおかしい事じゃないだろう。まぁ、いずれにしても図々しい奴の仕業だ。気にすることは無い」

確かに、あの男はバグラーの言うとおり商売敵だと考えるのが自然だろう。

しかし、今のオレはバグラーの笑みも優しさや、どんな言葉も受け付けなかった。
あの男と合ってから、何故かは分からないがバグラーが悪人にしか見えなくなっていた。
オレは席から立ち上がり冷たく言い放った。

「バグラー、オレは帰る。二度とオレの前に姿を見せないでくれ」

オレはバーテンダーに金を払うと店を出ようとした。
しかし、バグラーの手がオレをつかんだ。

オレはいらだたしくバグラーの方に振り向いた。しかし、そこには冷ややかで憎悪に満ちた、今まで一度も見たことがないようなバグラーの姿があった。バグラーが化けの皮をはがしたのだ。

「そうか・・・分かった。ならばとっとと立ち去れ、小僧が。しかしな、立ち去る前に今まで私がおごってやった酒のお金を返せ」

オレはバグラーのあまりの変わりように恐怖がはしった。
オレは酒代を払えばこの男と縁を切れるならそれで良いと思ったが、ついさっき知ったばかりの親の財産を除いてはほぼ無一文に近かったオレに、そんな金など無かった。

なので、オレはバグラーの手を振りほどこうとしたがバグラーはがっちりとオレを掴み手を放さなかった。

「それが無理なら、私の船で奴隷として働いてもらうしかないな」

オレはこの男から離れたい一心で、剣に手が伸びた。
しかし、店の中に5~6体のヴァキがなだれ込んできたため、オレは剣を抜くのをやめた。

「今カラ抜キ打チ検査ヲスル。襲賊ト検査対象ノ犯罪者、ヴォクシムガ居ナイカ調ベル」

ヴァキが言った。
[PR]
by butanosyashinnx | 2007-01-17 17:41 | ダークレジスタンスⅡ