レゴ&バイオニクルのオリジナルストーリーを書いていきます。


by butanosyashinnx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第5話 マクータの陰謀

第5話です。
昨日第4話も更新しました。(何


ダーク・ヌイ。
マトランならば誰もが知っているマクータの隠れ家だが、その島が何処にあるのか、実在するのかすら分かってない。

数々の伝説や神話に登場し、語り継がれてるその伝説の島はいつの時代にも考古学者やマニアの心を掴んで放さなかった・・・。



ある屋敷の一室に一人の男が居た。
その屋敷は不毛の地、ダーク・ヌイの灰色の地にぽつりと建って、不気味な雰囲気をかもし出していた。

男は暗い廊下に立っていて縦長の窓からどんより灰色の曇り空を眺めていた。

その男は全身をマントで覆っていて、唯一見えている頭には闇のマスク、クラーカンをかぶっていた。そして男には温かみという物が無く、闇と冷血さだけがうずまいていた。

「閣下、計画は順調でございますか?」

廊下の向こうから低い冷血な男の声がした。

「ああ、バスラ・・・実は熟しつつある」

「左様でございますか」

バスラと呼ばれているその男はこちらに歩いてきて男の隣に並んだ。

「全ては私の思い通り・・・バスラ、行動の時が来たのだ・・・!」

クラーカンをかぶったその男、マクータが言い放った。


第五話でした。
短かったすね^^;
まぁ、マクータさんが動き出したって分かったらそれで結構ですw(何
では。。。
[PR]
by butanosyashinnx | 2006-10-26 22:25 | ダークレジスタンスⅡ